展示会後、自動的に見込客育成|BtoBの営業支援グランシーズ
HOME > 展示会後、自動的に見込客育成|営業支援システム

展示会後、自動的に見込客育成|営業支援システム

展示会後のフォロー活動(見込客育成)を自動化して新規取引先を獲得する方法

 

展示会の見込客育成と営業2

 

経済産業省のデータによると、国内で開催される展示会・見本市の開催件数は約600件、企業にとって、特にBtoB企業にとっては、新規顧客開拓の有効な手段であるようです。
 
その一方で、「すぐ商談がまとまるケースを除き、時間をかけてリード育成する余裕がない」といった出展企業様の声や、「こちらの都合を無視した一方的な営業電話に辟易している」との来場企業様の声が頻繁に聞かれて、当日の盛り上がり程には、その後のフォロー活動が順調に進められているとは言えないようです。
展示会の効果を高めるには、当日よりも、むしろその後に課題がありそうです。

 
 
高額な費用と、膨大な時間をかけて出展した展示会、是非とも新規取引を成功させたいとお考えの企業様に、ぴったりの提案がございます。

追加費用はわずか、しかも初月無料でご利用いただけ、おまけに導入時にかかる手間の大半は、弊社が代行します。

 

 

展示会後の見込み客フォロー活動を自動化させる方法

送信したメールに対する反応を解析すると、送信相手の見込レベルが判定できることは、あまり知られていません。
解析機能を持った弊社のメールシステムを活用すれば、送信先企業のメール開封、添付資料の購読、自社サイト流入の有無、サイト訪問後の行動が把握でき、そのデータを元に自社への関心レベルや興味の対象まで可視化することができるのです。
メールマガジンに書かれた、「詳細はホームページでチェック!」といった文言をクリックし、サイトに誘導された経験を皆様お持ちのことと思いますが、その行動履歴がメール送信元企業にデータとして残るとイメージして頂ければ良いでしょう。

 

展示会営業と見込客育成1

 

 

ご提案の見込み客のフォロー活動の自動化とは、展示会の見込客にメールを継続的に配信し、相手の反応を解析しつつ、有望見込客に育成していく一連の流れです。
 
解析機能を持ったメールシステム、サイトへのアクセス企業を割り出す「受注ナビ」、名刺クラウドサービス「名刺インフィニティ」、メールマガジン自動作成・配信サービス、以上をワンストップでご提供する「取引先獲得フォローシステム」を利用いただきますと、御社の手を煩わさずに、自動で見込客育成(リードナーチャリング)が実現します。
 
このシステムを活用し、企業向けマーケティングを支援する弊社グランシーズが、実際にお手伝いしている展示会出展企業様の事例をご紹介します。
 

導入事例1.名古屋市の加工メーカーK社様(社員数50名)の事例
名古屋で開催される見本市に年2回出展されるK社様は、会場ですぐに名刺をスキャン。
翌日には正確にデータ化されたリストに対し、各営業担当者からご挨拶のメールを配信し、その関心度合を測定しています。

 

導入事例2.大阪府のアパレル商社B社様(社員数120名)の事例
B社様は展示会で交換した名刺をデータ化、月1回メールマガジンを配信し、継続的に商品紹介をしています。昨年はメールマガジンを起点に1億円の新規売上を作られました。

 
K社様の1回の展示会の名刺交換枚数は約100枚、その30%が有望見込案件として継続フォロー対象です。B社様のメールマガジン配信数は約12,000通、メール配信後の反応を分析して、弊社で見込レベルをA~Dの4ランクに設定。A・Bランクのリストを営業担当者に提供しています。
「忙しく、つい後回しになっていた見込客育成活動を、勝手にやってくれるのは有り難い」と、B社取締役も満足気です。
 
 

継続的なフォロー活動をどう進めるか

ここまで読んでいただくと、現場の責任者様からは、こんな声があがりそうです。
「効果的なのは分かったが、メールマガジンを配信続けるのは、専任担当者のいない当社では相当にハードルが高い」
 
こういった企業様にこそ、弊社の使い勝手があります。ご安心下さい!
私達グランシーズは、名刺のデータ化、メール配信、見込企業の行動解析とあわせ、メールマガジンの作成代行までお受けします。
いただいた原稿をメールマガジンにするのでなく、企画・原稿作成・配信まで一括して弊社が行う完全代行です。
(以前、自社サイト制作を外部業者に委託した時に、「原稿が出てこないと作れません!」と言われた事があります。時間が無いから外部委託しているのに、これでは何の為のアウトソーシングか、意味が分からなくなります)
 
ただし、業界の専門家という訳ではありませんから、原稿作成をお受け出来るのは、以下の3パターンに限定しています。
 
 

パターン1.商品紹介メール
貴社の扱い商品を紹介するメールマガジンです。年1億円の新規開拓をするB社様はこのパターンです。ご用意いただいた商品の写真と情報を弊社でメルマガ化します。
商社、メーカー、不動産、人材派遣などが、このパターンで配信可能です。
商品以外にも取り組んだ作品を紹介する事も可能です。京都の伝統工芸企業O社様は、過去の作品をメルマガ配信したところ、異業種であるインテリアメーカーより問い合せを獲得することができました。

 
*マリントピアリゾート(弊社グループ企業)のメルマガ
 
展示会のメルマガサンプル
 
 
 

パターン2.情報まとめメール
自社の商品・サービスや業界に関係する情報を集め、配信するメールマガジンです。
士業やコンサルティング企業、専門サービス会社等は、取り組みやすいです。
例えば「助成金」に関するニュースや情報を集め配信します。弊社クロールシステムは、あらかじめキーワードと巡回するニュースサイト等を登録し、欲しい情報を自動的に収集します。直接的な自社のセールスは、ニュースとニュースの間に紛れ込ませて、さりげなく行います。

 
*某小売業の情報まとめメルマガ

 

展示会営業と見込客育成2
 
 

パターン3.資料添付メール
これはメールマガジンというより私信メールです。例えば初めて名刺交換した相手に御礼メールを送る際、相手の役に立つ情報や資料を添付します。その開封履歴は、こちらの手元に残ります。あくまで個人的にという形でメールを送れば、当然開封確率も高くなります。

 
 
 

展示会を成功に導く、取引先獲得フォローシステムの1ヶ月無料モニターのご案内

弊社では、今回ご紹介しました「取引先獲得フォローシステム」を1ヶ月間無料で利用いただけるモニター企業様を募集しています。
 
特に展示会や見本市への出展を1ヶ月後に控え、展示会後の営業の在り方について検討されている企業様なら、完全無料でテスト利用頂け、その効果をリアルに実感いただけます。
 
利用に手間はかかりません。それでも名刺管理のソフトウェアをインストールしたり、御社のホームページに解析コードを埋め込んだりするのに、若干の時間を要しますので、1ヶ月を切っていらっしゃる企業様は、下記よりモニター申込みをお急ぎ下さい。
 
ぜひ、この機会をお見逃しすることなく、ご検討の上、モニター申込みのお手続きをお願い申し上げます。
 
 
 

まとめ
・送信したメールに対する反応を解析すると、展示会で名刺交換した相手の見込レベルを判定、自動育成ができます
・「取引先獲得フォローシステム」は、名刺のデータ化、メール配信、見込企業の行動解析、メールマガジン作成・配信代行をワンストップで提供します
・特に展示会出展を1ヶ月後に控えた企業様は、30日間の無料モニターをお試しください

 
 
 
展示会後の見込客育成をする営業支援モニター申込みはこちらから
※お申込みの際、「お問い合わせ詳細」欄に『展示会企業』とご記入ください。