Author Archives: grand-seeds

これからのサイトはレスポンシブ対応が必須

レスポンシブ対応とは?

一昔前、ホームページを作成するときに、パソコン用のホームページと、スマホ用のホームページと別々に作成していました。そのため、労力は単純に2倍必要でした。

そんな事情を背景として、パソコンユーザーにはパソコン用の画面(デザイン)、スマホユーザーにはスマホ用の画面(デザイン)となるように、自動的に見た目を変えて表示させることができるようになりました。
これが、レスポンシブ対応のホームページです。
具体的には、パソコンとスマホで異なるスタイルシートを用いることにより、それぞれに適したデザインにするというものです。

近年では、スマホユーザーの増加に伴い、このレスポンシブ対応のホームページが主流になっています。
先月発表されたスマホの広告市場予測「2015年 スマートフォン広告市場動向調査」においても、
順調に右肩上がりの状態となっているので、各企業や組織がスマホを意識した広告戦略に力を注いていることがわかります。つまり、それだけスマホを意識したホームページ作成が重要であるということが言えます。

  • 2012年: 856億
  • 2013年: 1,852億
  • 2014年: 3,008億
  • 2015年: 3,903億(予測)
  • 2016年: 4,737億(予測)
  • 2017年: 5,448億(予測)
  • 2015年 スマートフォン広告市場動向調査(出典:株式会社CyberZ)

検索結果への影響

では、単にスマホユーザーが増えてきたから、スマホユーザーにも見やすいように自社のホームページもレスポンシブ対応(スマホ対応)にしとけばいいや。
ということでしょうか?

実は、先日グーグルは以下のように発表しました。

以下、抜粋
Starting April 21, we will be expanding our use of mobile-friendliness as a ranking signal. This change will affect mobile searches in all languages worldwide and will have a significant impact in our search results.

Finding more mobile-friendly search results
http://googlewebmastercentral.blogspot.jp/2015/02/finding-more-mobile-friendly-search.html

したがって、2015年4月21日以降、ホームページがレスポンシブ対応(スマホ対応)であることは、単にスマホユーザーに優しいというだけではなく、検索順位として影響が出ることになります。

何気なく発表された感じのある情報ですが、Webマーケティングを行う上では非常に重要な内容ですので、残された時間を有意義に使って対応していきましょう!

メーカーのチャネル戦略とは

 

本日も、BtoB専用アクセス解析「受注ナビ」の実践的な活用方法について、セミナー「ホームページから有望見込客を獲得する方法」の資料と共に公開します。

 

メーカーとBtoB専用のアクセス解析の相性はバツグンです。

チャネル戦略の方向性によっては、アクセス解析の活用方法が違ってきますので、今回は事例を交えながらお伝えします。

 

その前に、自社のチャネル戦略はどうあるべきか、簡単に整理をしてみます。

戦略とは「選択」のこと。みぎ・ひだり、どちらの道を御社が進むのか?です。

 

選択の視点、チャネル戦略を考える際のポイントは、大きく2つです。

ひとつは、チャネルの長さをどう考えるのか? もうひとつはチャネルの幅をどう考えるのか?です。

 

 

(1)チャネルの長さについて

チャネルの長さとは、製品がユーザーの手元に届く間に、どれくらいの関与者がかかわるかです。

チャネルが長くなれば、メーカーの価格や政策面のコントロールが弱くなります。一方、チャネルが短くなればコントロール力は強くなりますが、その分、貸し倒れなどのリスクがメーカー側に降りかかる事になります。

 

アクセス解析(12月26日)

 

(2)チャネルの幅について

チャネルの幅とは、チャネルへの参加者を限定的にするのか、開放的にするのかという事です。特定の地域や製品の販売先に独占権を与えれば、メーカーはチャネルをコントロールしやすい反面、コスト高になる傾向があります。

販売先を特定せず、広く開放的に求める場合、一気にシェア拡大が狙える反面、チャネルのコントロール力は弱くなり、価格の下落やブランドイメージの毀損を招きやすいです。

 

 

さて、御社ではどのチャネル戦略を選択しましょう

 

 

詳しい内容はセミナーにて

最新のセミナー情報はこちら

 

松重豊『それさぁ、早くいってよぉ~』SansanのTVCM風に

 

本日も、BtoB専用アクセス解析「受注ナビ」の実践的な活用方法について、セミナー「ホームページから有望見込客を獲得する方法」の資料と共に公開します。

 

弊社の名刺管理クラウド「名刺インフィニティ」を使って、名刺データとアクセスデータを連携させたマーケティングについて述べています。

もう少し営業現場に落とし込んで、分かりやすく事例をお伝えします。

 

分かりやすいといえば、名刺インフィニティのライバル商品であるSansan様が、最近テレビコマーシャルで盛んにPRをしてくれるものですから困っています、いや、喜んでいます。

 

 

認知度の低かった企業向け名刺管理システムを、「八重の桜」や「HERO」等の話題のドラマで独特の存在感を放つ人気俳優の松重豊さんを起用されるものですから、我々も自社のサービスを無料で世間にPR頂いているようなもので、大助かりです。

 

今日は名刺インフィニティ版、『それさぁ、早くいってよぉ~』を、失礼ながら真似して書いてみました。

 

BtoBの販促・集客

 

その①では、ホームページのアクセス履歴を元にした営業ターゲットの絞り込み、社内人脈の可視化についてです。TVCMでは、ライバル企業に一歩先を越されているときに人脈をツテに大逆転!という事ですが、アクセス解析を併用すれば、例外的な社内一大事に限らず、ホームページ訪問企業と社内人脈を照合して、いまアプローチすべき企業とその攻略法を導き出せます。

 

その②では、TVCMとは違った使い方ですが、実はこちらの方が現実的な名刺管理の活用方法です。アプローチすべきターゲットを、業種や地域、アプローチ先の役職者によりソートして抽出します。

常に宝の人脈に辿り着くほど、営業は都合の良いものでなく、見込先をリストアップ、アプローチ、成果確認、アプローチ手法もしくはターゲットの見直し、この繰り返しです。

この地道な活動を、効率的かつ最適に進めるのが、名刺管理導入の本質的な目的です。

 

金脈は、そうそう簡単に掘り当てられるある訳ではありません。

 

 

詳しい内容はセミナーにて

最新のセミナー情報はこちら

 

名刺管理とアクセス解析のデータ連携

 

メリークリスマス!

本日も、BtoB専用アクセス解析「受注ナビ」の実践的な活用方法について、セミナー「ホームページから有望見込客を獲得する方法」の資料と共に公開します。

 

前回「企業向け名刺管理クラウド導入の効果」から、更に一歩踏み込んで、名刺データとアクセスデータを連携したマーケティングへの活用法について述べてみます。

 

(1)見込客管理

見込客のアクセス履歴を解析すれば、見込レベルとニーズが可視化できます。

画一的でなく、見込レベルに応じた施策が打て、営業が効率的になります。具体的な提案によりテストクロージングを行うグループ、まずは情報提供にとどめて将来の見込客へ育成していくグループ等の判別は、自社サイトへの訪問データが、個別の企業毎に収集できる、BtoB専用のアクセス解析により可能となります。

 

BtoBの販促・集客・アクセス解析

 

(2)情報共有

アクセス情報をリアルタイムで見込客毎に把握、共有化できれば、相手の動きに応じた戦術を柔軟に打つことが可能です。さながら相手の動きを洞察しながら最善の手を打つ、チームで行う狩猟のようです。

 

(3)案件創出

見込客に一斉にメール配信するだけにとどまらず、情報に対する見込客のリアクションもアクセス解析なら把握できます。メールの開封の有無、サイトへの流入の有無、サイト内の行動が、全て可視化されます。(一般的なメーラーでなく、履歴データの取れる特別なメールシステムが必要になります)

想定外の見込客が、意外な情報に反応を示す、そんな嬉しい誤算もありそうです。

 

ターゲットグループ×提案商品でテストマーケティングを繰り返せば、どの組み合わせが最適なのかデータで振り返ることも可能です。仮説を立て、テストマーケティングを行い、その案件創出結果を検証、自社の勝ちパターンを作り上げる。BtoBのマーケティング活動がより科学的に変貌します。

 

フレキシブルにターゲットをグループ分けできるのも、名刺管理クラウドのメリットです。

 

 

 

詳しい内容はセミナーにて

最新のセミナー情報はこちら

 

企業向け名刺管理クラウド導入の効果

 

BtoB専用アクセス解析「受注ナビ」の実践的な活用方法について、セミナー「ホームページから有望見込客を獲得する方法」の資料と内容を公開しています。

 

 

名刺管理クラウドを導入すると、どのような効果がもたらされるのでしょうか?

特にEightをはじめとした、個人向け名刺管理アプリとの違いについて述べてみます。

 

 

(1)見込客管理

これまで個々人の机の中に眠っていた名刺を可視化・共有化することにより、組織全体の見込客情報が収集可能です。

これまで感覚的につかんでいた顧客ニーズを、見込客の多い(少ない)で把握することにより、マーケティングがよりデータ指向に変わります。

また見込客データをリスト化することで、そのまま販売促進に活用可能です。

 

1222

 

(2)情報共有

ブラックボックスの中にあった、個々が持っている情報を共有することで、人脈の可視化、営業に相乗効果が期待できます。

「〇〇株式会社にアプローチしたいが、社内に接点を持っている人はいないか?」というような事も、名刺データを検索することで簡単に判明できます。

 

(3)案件創出

可視化、共有化することで、新サービスに関して一斉にお知らせメールを送るなど、営業に頼っていた案件創出活動を、自動化、効率化することが出来ます。

元来、営業担当者は目の前の案件を追いかけがちで、将来の案件を創りだす活動は、疎かになりがちです。

営業の苦手な領域を、クラウドが代行することになり組織の生産性が向上します。

 

(4)案件管理

CRMやSFAと連携すれば、一斉配信メールに対する見込客の反応も、一括管理が可能になります。反応レベルにより、見込ランクを自動設定すれば、よりニーズにあった販促活動が可能になります。

 

 

詳しい内容はセミナーにて

最新のセミナー情報はこちら

名刺管理クラウドの仕組み

 

BtoB専用アクセス解析「受注ナビ」の実践的な活用方法について、セミナー「ホームページから有望見込客を獲得する方法」の資料と内容を公開しています。

 

名刺管理クラウドは、手持ちの名刺を専用スキャナで読み込み、クラウド側のデータセンターへ送られる所から始まります。

送られた画像データはOCRでテキスト化され、クラウド上の顧客データベースに格納、ユーザーはログインして閲覧やダウンロードが可能となる、そんな仕組みです。

 

アクセス解析(12月16日)

 

ポイントになるのが、テキスト化のスピードと正確性です。

 

OCRだけなら、スピードも何もあったものでなく瞬時にテキスト化されます。

ところが、いくら高性能とはいえ、機械のやること100%正確にテキスト化できる訳でなく、仮に98%の精度としても間違うことになります。

 

特に最近の名刺は凝ったデザインのものが多く、中には一般的に考えられる名刺とは全く違った配置でデザインされている名刺も見受けられ、高性能OCRと言え厄介です。

 

名刺データを営業やマーケティングに使うなら、98%の精度でも間違いがあるのは問題で、仮にそれが電話番号なら掛け間違いになります。

 

100%の精度を求めるなら、そこに人の手を加える事が必要になります。

私たちの名刺管理クラウド「名刺インフィニティ」が手作業にこだわる理由は、ここにあります。

 

手作業が入る分、時間がかかります。ユーザーがどれくらいの納期を許容できるかという事ですが、名刺を使う目的や内容により、マチマチなのではないかなと考えています。

当然、すぐ必要な名刺もあれば、当分の間、必要ないものもあるでしょう。

用途や目的により納期を変動させる、そう私は考えます。

 

正確性とスピードを両立させようとした時、果たして社内で対応できるか?クラウドを利用する価値が、ここにあります。

 

 

詳しい内容はセミナーにて

最新のセミナー情報はこちら

 

机の中に眠る宝の山「名刺」を会社の共有資産へ

 

BtoB専用アクセス解析「受注ナビ」の実践的な活用方法について、セミナー「ホームページから有望見込客を獲得する方法」の資料と内容を公開しています。

 

もし、あなたの机の中に500枚の名刺があり、それぞれの500枚(500人)が、あなたの知らない500枚の名刺を持っている場合、情報は500×500=250,000人へ広がります。

 

それが更に500人に広がれば、250,000×500=125,000,000人、すなわち日本の人口です。

わずか3次で、日本の全国民をカバーする訳で、6次の隔たりを得るまでもありません。

(善意を他の3人に与える「ペイ・フォワード」という映画が昔、ありましたね)

 

アクセス解析(12月15日)

 

営業マンの机の中には、宝の山「名刺」が眠っています。

少し古いデータになりますが、株式会社キングジムが2010年に行った、「名刺に関する意識調査」では、40代のサラリーマンなら平均2000枚の名刺を持っているとの結果を公表しています。

 

 

名刺データを共有することは、もちろん個人の人脈を会社全体で活用することや、共有データとしてメルマガ等で定期的に情報発信することなど、短期的な営業面でのメリットもありますが、それ以外に、今回、お話ししたような「情報の広がり」という意味でも、大きな価値をもたらすのです。

 

この「つながりが持つ情報の拡散」に気付き、いち早く活用できた企業は、大きなアドバンテージを得ることができると考えています。

 

 

詳しい内容はセミナーにて

最新のセミナー情報はこちら

 

6次の隔たり

 

BtoB専用アクセス解析「受注ナビ」の実践的な活用方法について、セミナー「ホームページから有望見込客を獲得する方法」の資料と内容を公開しています。

 

本日からのテーマは、会社や個人が持つ人脈の活かし方について、おおいにヒントとなるでしょう。

 

 

「ぜひとも会ってみたい有名人」を1人、思い描いて下さい。

総理大臣ですか?それとも羽生結弦選手?石原さとみさんでしょうか?

実は、その方とあなたとが、知り合いの知り合いの知り合いの知り合いの知り合いの知り合いである可能性は26.25%です。

 

 

これはアメリカの心理学者スタンレー・ミルグラムが行った社会実験に基づいています。

 

アクセス解析(12月12日)

 

ネブラスカ州で無作為に選ばれた160人の方に、ボストンに住む証券マンの○○さんへ手紙を送り届けてもらう事を依頼します。ただし、もし○○さんを知らない場合、その方を知っていそうな他の誰かに同じお願いをするというものです。

 

その結果、○○さんに届けられた実際に届いた手紙は42通(26,25%)、平均5.83人の方を経由して届けられたというものです。

 

これを「6次の隔たり」と呼んでおり、6人の知り合いがいたら、そこからありとあらゆる世界に知人のネットワークが繋がっていくという概念は、いまのSNSに繋がる発想です。

 

 

世界は意外と小さいものです。

 

 

詳しい内容はセミナーにて

最新のセミナー情報はこちら

 

テレアポ代行会社の上手な選び方

 

BtoB専用アクセス解析「受注ナビ」の実践的な活用方法について、セミナー「ホームページから有望見込客を獲得する方法」の資料と内容を公開しています。

 

アクセス解析「受注ナビ」により入手した訪問企業リストに対し、テレアポ代行会社を使ってアポイントを取る場合、上手な代行会社との付き合い方をお伝えします。

 

アポイントの成否は、アポインターのスキルに左右される点は否めません。上手なアポインターとの出会いは、宝くじの当りを引き当てるようなものです。

今日は、宝くじの当り以外の話をしたいと思います。

 

アクセス解析(12月11日)

 

テレアポ代行会社のポイント

1.テストマーケティングを行ってくれること

2.ターゲット企業の表には出ない情報を知っていること

3.電話のやり取りが、営業へ引き継がれていること

4.営業と目標共有できること

 

 

1番の「テストマーケティング」について、サイトの訪問企業に電話をかける、これはおそらく、ほぼ全ての企業にとっては前代未聞の取り組みです。そのアプローチ方法に関して、正解は持ち得ていないのではないでしょうか。

トライ&エラーで進めていくアプローチ方法こそ正解です。

 

ターゲットに架電、電話相手の反応よりトークスクリプトを修正していく、PDCAサイクルを回したテストマーケティングしてください。

 

テストマーケティングする場合、代行会社がリストに対して一斉架電するような体制ですと、是正すべきポイントが発見された時には全架電が終了しているような事になりかねません。

代行会社にしても、都度トークスクリプトを修正して、アポインターに教育というようなサイクルは、面倒に感じる事でしょう。

 

その面倒な作業に、誠実に向き合ってくれる会社こそ、選定すべきテレアポ代行会社だと考えます。

 

 

詳しい内容はセミナーにて

最新のセミナー情報はこちら

 

個人名が分からない訪問企業リストにアポイントをとる方法

 

BtoB専用アクセス解析「受注ナビ」の実践的な活用方法について、セミナー「ホームページから有望見込客を獲得する方法」の資料と内容を公開しています。

 

今回は、アクセス解析「受注ナビ」により入手した訪問企業リストに対して、アポイントを取る方法です。アクセス企業リストの活用方法が、より積極的に、アウトバウンドなものとなります。

 

お分かり頂けると思いますが、アクセス解析では訪問企業名は判明しますが、その企業のどなたがアクセスされたのか、個人名までは分かりません。

したがって、誰が見ていたか分からない状態で、例えば電話をかけることになる訳です。

さすがに、「昨日、御社のどなたかが、弊社のサイトをご覧になられていました」とお電話すれば、気持ち悪がられる事、請け合いですので、避けた方が賢明です。

そこで、一般的なアポイントの取得方法を、ここでは電話アポイントの取り方について、お話しします。

 

アクセス解析(12月10日)

 

アクセス企業リストにフィルターをかけて、見込レベルの高い企業を抽出するのは、前々回(ホームページ訪問企業リストを有望見込客化する方法)にて、お話しした通りです。ここでは例として、300件中、150件の見込客リストが取れたとしましょう。

 

この150件に対して電話をかける訳ですが、いきなりアポを取るよりも、テレコールのゴールを「資料送付の承諾と送付先のヒアリング」程度ににとどめます。こうすると50%程度の確率で、承諾とヒアリングは成功するでしょう。

 

いったんキーマンにリーチできれば、御社のサイトを複数回、もしくは長時間閲覧している企業ですから、何らかの関心、課題を持っている事でしょう。(もちろんキーマンがサイトを閲覧していたとは限りません)

 

資料送付後も、改めてご連絡差し上げれば、アポイント成功の確率もグッと上がります。

 

 

詳しい内容はセミナーにて

最新のセミナー情報はこちら