シェア別荘|テレビからサイトへの集客効果検証

By | 2014年9月24日
Pocket

先日(9月21日)、なるみ・岡村の過ぎるTV(テレビ朝日系列)の「岡村隆史にオススメ過ぎる別荘」の コーナーにおきまして、弊社のグループ企業マリントピアリゾート (http://www.premium-marinetopia.jp)のシェア別荘が紹介されました。

マリントピア

 

せっかくの機会ですので、テレビで紹介された効果性を、アクセス解析を元に検証、紹介します。

表_03

2日間合計のアクセス数が、前週同時期と比較して約2倍。多くないなとの印象を実は持っています。

この番組、深夜にもかかわらず関西で人気が高く、視聴率10%を上回る時があるようです。関西地区705万世帯について、今回の視聴率が10%としたとき、約70万世帯が視聴した計算となります。(現時点で視聴率は未確認です)

今回のケースで、テレビからサイトへの流入率(集客効果)を計算すると、サイト訪問数1968÷視聴70万世帯=0.28%となり、単純比較はできませんが、メールマガジンのURLクリック率と同程度です。

むしろ驚きは21日のことです。コーナー終了が0時前、わずか10分足らずの間にアクセスが集中し、同時に無料体験や資料請求のコンバージョン獲得もあります。

さらに、その時間帯(つまり21日)のデバイスカテゴリー、モバイルとタブレットを併せて約75%です。これは過去1ケ月の平均値約60%を上回る数字です。

これらのデータをもとに、今回は次の仮説を立てました。

■テレビからサイトへの流入率は、視聴世帯の0.2%前後。

■モバイル・タブレットの普及は、テレビとサイトの連携をより可能なものとした

■その結果、テレビからサイトへの集客について、即効性ではプラス、持続性は逆にマイナスの影響を及ぼしている。

あくまで仮説ゆえに、今後の検証が必要です。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)